訪問診療とは

訪問診療とは

訪問診療のイメージ写真
  • 訪問診療(在宅医療)とは、通院困難な患者様の療養状態に応じて、医師がご自宅まで定期的に訪問(月2回〜)して診療を行うものです。
  • 慢性疾患の治療、病気の早期発見・予防から難病・がんの末期の方まで幅広い患者様にご利用いただけます。
  • 病状に応じて、連携病院への入院やご自宅での看取りも含めて対応いたします。
  • 病状が安定した方も治療が必要な方もまずはお気軽にご相談ください。

対象となる方

「ひとりで通院できなくなった方」は基本的には誰でも対象となります。
ご自宅で療養されている方以外でも、グループホーム、高齢者施設に入居されている方もご利用可能です。

診療内容

基本的に病院や通常外来と変わらない診療を受けることができます。

  • 定期的な診察、緊急時の対応
  • お薬の管理や指導
  • ご家族への介護方法の指導やアドバイス
  • 各種検査(血液検査、尿検査、心電図、エコー検査)
  • 高血圧、糖尿病などの慢性疾患の継続治療、処方
  • 関節の痛み、腰痛などの慢性疾患の除痛、リハビリ指導
  • 認知症や脳卒中後の自宅での継続加療、リハビリ指導
  • 自宅での点滴
  • 在宅酸素療法、人工呼吸器管理
  • 胃ろう、経管栄養の管理
  • 尿道バルーンなどのドレーン管理
  • がんの末期の方の痛みのケア
  • ご自宅での看取りの援助
  • 各種書類作成(介護保険主治医意見書など)

料金

訪問診療(在宅医療)は医療保険の適応です。

ご自宅でお過ごしの方(1割負担)

約6,000円~7,200円(検査費用、お薬代は別途)
(自己負担上限額は18,000円となります)

施設にご入居中の方(1割負担)

約2,000円〜4,000円(人数により異なります)

訪問診療(在宅医療)のお申し込みの流れ

まずはお電話(048-954-5741)もしくはお問い合わせページよりお問い合わせください。

担当のスタッフがお伺いします
ご本人の症状を確認し、当院の在宅医療のシステムをご説明いたします。ご家族様に来院いただくか、ご自宅までお伺いします。入院中の場合は病院へお伺いします。同意をいただけたら、初回訪問を予定します。
初回訪問
初めてお伺いした時に、ご本人、ご家族様のご希望をお伺いし、病状や介護保険サービスを考慮して、訪問診療計画を作成します。
定期訪問
訪問計画に沿って、定期的に訪問診療を行います。具合が悪い場合は緊急で往診もいたします。
お薬の手配
ご希望の方には、調剤薬局からご自宅までお薬を持っていき、飲み方などの指導もさせていただきます。

よくある質問

どのような患者様が対象になるのですか?
「一人で医療機関を受診することが出できない方」は基本的には、誰もが対象となります。
例えば以下のような方です。
  • 高齢や脳梗塞後遺症などにより寝たきりに近い状態で介護を受けておられる方
  • 難病で、人工呼吸器や胃瘻(いろう)や導尿(どうにょう)のカテーテル(管)等がついて寝たきりの方
  • がんによる痛みや息苦しさなどがあっても自宅での療養を希望される方
  • 認知症で入院や施設入所が難しい方
費用はどれくらいかかりますか?
訪問診療は、各種健康保険が適用となります。自己負担割合は保険の種類により異なりますが、通常の医療機関への入院、通院のときと同じになります。
目安として、月2回の定期診察を行った場合の診療費は、
1割の場合、月額約6,000円、3割の場合、月額約19,000円の自己負担になります。
また医療費の自己負担額は上限が決まっており、1か月あたりの上限は1割負担の方で12,000円、3割負担の方で44,400円となります。
具合が悪くなった時はいつでも来てもらえますか?
24時間365日体制で対応します。必要に応じて臨時往診や入院の手はずを整えます。
お薬は届けてもらえますか?
可能です。配達ご希望の方には、配達ができる薬局を紹介していますのでご相談ください。
他の病院にも通院できますか?
もちろんできます。訪問診療を受けながら、他の病院に通院することも可能です。
今まで通院されていた病院での診療を継続しながら、私たちがご自宅で診療のサポートをしている患者様もいらっしゃいます。
診療科は何科がありますか?
内科、外科、整形外科、皮膚科、精神科を中心に家庭医として様々な疾患に対応しております。専門医の治療が必要と判断した場合は迅速に紹介いたします。
いろいろな人が自宅に来るのは心配ですが、決まった人が来ますか?
基本的に主治医制をとっております。自宅に伺うホームドクターは固定されているので顔なじみの医師がいつも伺います。
紹介状を書いてもらうことは可能ですか?
はい、可能です。訪問診療開始後に専門的な加療が必要になり一時的に入院することもございます。その際はスムーズに入院ができるように在宅での経過を紹介状にて入院先の先生にお伝えいたします。
介護に疲れてしまった時はどうすればいいですか?
在宅療養を継続するために、介護者の精神的、身体的ケアはとても大切です。当院の訪問診療スタッフやケアマネージャーにご相談ください。介護保険の申請や、介護サービスの利用など、それぞれの家庭に合った方法を一緒に考えていきます。
訪問診療を申し込みたいのですが、どのようにしたらいいですか?
まずは当院までお気軽にお電話してください(048-954-5741)。
現在ご入院中の方は病院の地域連携室や医療相談室、担当のケアマネージャーさんを通してご連絡いただいても構いません。